シミウス

白斑など副作用は大丈夫?大人気美白ジェルの安全性について

数年前、美白化粧品による副作用で白斑が出来てしまったというニュースが話題になりました。シミウスも、ネットや雑誌で評判の美白化粧品ですが、白斑のような副作用を起こす危険はないのでしょうか?

 

特に、通販でしか手に入らない化粧品は、テスターなどで試すこともできません。

 

万が一副作用があったら・・・。

 

肌に合わなかったらどうしよう・・・。

 

特に敏感肌やアトピー肌の方、過去に化粧品でトラブルのあった方は不安に思いますよね。でも、安心してください。シミウスは副作用の心配がない肌にやさしい化粧品なんです。

 

 

→敏感肌でも使える美白ジェル!シミウスの詳しい情報はこちら


白斑ってどんな症状?どうして起きるの?

そもそも、なぜ美白化粧品が白斑などの副作用を引き起こしてしまうのでしょうか?ニュースそのものは記憶にあっても原因まで覚えている方は、案外少ないのではないでしょうか。

 

美白化粧品には、シミやくすみの原因となるメラニン色素の生成を抑制する成分や、出来てしまったメラニン色素を分解する成分が含まれています。

 

しかし、これらの成分が強く働きすぎると、もともと肌が持っている色素まで破壊してしまい、肌の色がまだらに白く抜けてしまいます。これが白斑と呼ばれる症状です。

 

白斑は塗り薬や飲み薬を使ったり、光線療法を用いたりすることで治療できますが、完治するまでの期間はまちまちです。場合によっては半年以上治らないこともあります。

 

こうした副作用は、原因となる化粧品を使ったからといって、ただちに起こるものではありません。1カ月、2カ月と問題なく使えていたのに、突然症状が出る場合もあります。

 

そのため、肌にダメージを与えていると気付かずに使い続けてしまうのです。

シミウスで白斑ができる危険はない?

では、すべての美白化粧品に白斑などの副作用が起きるリスクがあるのかというと、そうとは限りません。

 

こうしたトラブルは、開発されてから日の浅い新成分を含んだ化粧品や、日本では認可されていない成分を使用した海外の化粧品によく起こります。

 

たとえば、以前問題になった成分にハイドロキノンというものがあります。ハイドロキノンはメラニン色素の生成を抑え、シミを予防するだけでなく、メラニン色素を生み出す細胞そのものを減少させる作用があります。

 

既に出来てしまったシミまでも薄くしてしまう強力な美白成分ですが、同時に副作用の危険もあります。無闇に多用すると肌が炎症を起こしたり、白斑ができてしまったりといったトラブルの原因になるのです。

 

しかし、シミウスには白斑のような副作用の危険がある成分は含まれていません。それどころか、敏感肌やアトピー肌などもともと肌の弱い方でも使えるくらい肌にやさしい化粧品なんです。

シミウスは肌にやさしい美白ジェル!

シミウスには、白斑の原因になるような刺激の強い成分や化学成分は使用されていません。漢方などにも使用される安全性の高い天然成分を、100種類以上配合しています。

 

しかし、肌にやさしい成分だけを使用しているからといって、化学成分を使った化粧品よりも効き目が弱いわけではありません。

 

シミウスは、その美白効果と安全性の高さから、医療業界でも注目を浴びています。2014年発行の「医学と薬学」という薬物療法の専門誌に、シミウスが紹介されています。

 

 

実際に、シミウスの口コミやレビューを調べても、副作用があったという内容は見られません。愛用者には敏感肌やニキビ肌の方も多く、シミウスを使い始めてから肌トラブルが減ったという理由で使い続けている方もいます。

 

シミウスには美白成分だけでなく抗炎症作用のある成分や収れん作用のある成分、高保湿成分などさまざまな美容効果のある成分が含まれています。

 

そのため、使い続けているうちに肌本来のバリア機能が高まり、トラブルを起しにくい強く健康な肌へと導いてくれるんです。

 

 

→天然成分配合の美白ジェル!シミウスの詳しい情報はこちら

 

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

 

 

 

_


 
HOME 体験談 販売店