シミウス

シミウスを使えば日焼け止めはいらない?オススメUV対策!

日射しの強い季節に関わらず、一年を通してのUV対策は、女性の間でもはや常識となりつつあります。最近は日焼け止めを兼ねた化粧下地や、UVカット効果のある基礎化粧品など、さまざまな商品が販売されています。

 

シミウスにも日焼け止めとしての効果は期待できるのでしょうか?

 

 

→シミウスの効果をもっと詳しく知りたい!


シミウスに日焼け止め効果はあるの?

シミウスにはプラセンタエキスやサクラ葉抽出エキスなど、メラニン色素の発生を防ぐ成分が配合されています。

 

しかし、紫外線によるダメージや、シミやくすみなどの肌トラブルはある程度予防できても、日焼けそのものを防止する成分は含まれていません。そのため、シミウスを塗っていても、強い日差しを浴びると日焼けしてしまう場合もあります。

 

海や山へ行ったり、屋外で長時間スポーツをする場合は、日焼け止めを塗ったり、帽子やサングラスをつけたりして、日焼け対策をした方が安心です。

 

ただし、ごく短時間の外出なのに毎回UV対策をしたり、日焼け止めで肌荒れする体質なのに無理に日焼け止めを使うのは避けたいですよね。

 

シミウスには肌のターンオーバーを促進しメラニンを体外へ排出する作用もあります。ターンオーバーが正常なら、UVによるダメージが蓄積される前に古い角質が排出され、新しい肌へと生まれ変わります。

 

さらに、ターンオーバーの際、肌の奥にひそんだメラニンも排出されるので、シミウスだけで美白効果が期待できるんです。

日焼け止めで肌が荒れる可能性も!

UV対策に欠かせないように思われる日焼け止めですが、実は肌に負担をかけていると知っていましたか?焼け止めには紫外線吸収剤と紫外線散乱剤という2種類の成分が使われています。

 

紫外線吸収剤とは、肌の表面で紫外線を吸収し、紫外線が肌の内部まで侵入するのを防ぐ成分です。SPFの高い強力な日焼け止めによく使われています。

 

紫外線を防ぐ力が強く、白浮きしにくいというメリットはありますが、肌への負担が大きく、この紫外線吸収剤が原因で肌荒れしてしまう人もいます。

 

 

一方紫外線散乱剤とは、紫外線を跳ね返すことで紫外線によるダメージを防ぎます。こちらは肌への負担が少なく、肌の弱い方でも使えるものがあります。

 

しかし、白浮きしてしまったりベタベタした感触だったりと、使用感は紫外線吸収剤を使った日焼け止めに劣ります。どちらの成分も、肌に全く負担をかけないということはありません。

 

肌に合わない日焼け止めを使うと、かえってシミが出来てしまうなど、肌トラブルの原因になります。

日焼け止めを使うならシミウスUVエッセンスがオススメ!

シミウスだけではUV対策が不安という方や、なるべく日焼けしたくないという方には、シミウスUVエッセンスがおすすめです。

 

UVエッセンスは、プラセンタやヒアルロン酸、シコンエキスなどシミウスにも配合されている美肌成分を配合した日焼け止めです。

 

SPF50+、PA++++と、強力な紫外線もカットします。UVエッセンスは紫外線吸収剤が使われていますが、カプセル化することで肌に負担をかけずに紫外線から守ります。サラリとした使い心地で、化粧下地としても使えます。

 

シミウスとも相性がよく、重ね塗りすれば乾燥やメイク崩れを防ぐのにも効果的です。UVエッセンスは、メビウス製薬の公式サイトから購入できます。

 

シミウスと同じく定期購入も可能なので、併用を考えている方は、ぜひお得な定期便を使ってみてくださいね。

 

 

→シミウスがどこよりもお得に買える!公式サイトはこちら

 

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

 

 

 

_


 
HOME 体験談 販売店