シミウス

気になるシミやそばかすを消す方法を探ろう

紫外線が原因でできてしまうというシミやそばかすを消したい!そんな思いを抱えている方はいませんか?これらの肌トラブルを消す方法としてセルフケアと病院治療がありますが、具体的にどのような方法になるのでしょうか。


シミ、そばかすができるまでセルフケアでシミやそばかす対策

「消す!」ということを考える前に、まず原因を探ってみましょう。

 

シミ、そばかすの原因

 

メラニン色素の色素沈着になりますから、仕組みを考えれば原因もすぐにわかります。

 

  1. 肌が刺激を受ける
  2. メラノサイトが反応する
  3. 肌の防御反応としてメラニンができる
  4. チロシンなどの酵素の影響を受け黒色化
  5. 肌表面に浮き上がって日焼けになる
  6. 刺激が多すぎるとメラニン色素が大量に生まれる
  7. 肌のターンオーバーで処理しきれず色素沈着

 

という仕組みです。つまり生まれ過ぎたメラニン色素が肌の上で色素沈着を起こしてシミやそばかすになるということです。

 

ですからこれらを消すというのは容易なことではありません。その原因は紫外線だけではなく、間違った洗顔、肌への摩擦や怪我なども考えられます。

セルフケアでシミやそばかす対策

では実際にシミやそばかすを消す!と考えたとき、どうすればいいのでしょうか。まず自宅でできるセルフケアについて考えてみましょう。その方法は美白化粧品を使うことです。

 

特にハイドロキノンは肌の漂白剤と言われるほど効果が高いと言われていますが、肝斑の場合はアルブチンだけと言われていますし、種類の見極めは大切です。

 

またハイドロキノンは副作用が懸念されますので、個人的に使用するなら国内工場で作られたものでパッチテストをしてから使用しましょう。ほかにもコウジ酸やプラセンタなどがありますが、完全に消えるということはありません。

 

ピーリングで古い角質を排除し、色素沈着を防ぐ方法もありますが、トラブルが消えるということではありません。

エステのフェイシャルコース

2つ目はエステサロンでスキンケアを受ける方法です。自宅でもピーリングセッケンや化粧水が使用できますが、さらに古い角質を排除するならエステの方がいいでしょう。美白ケアもしてくれますので、予防にもなります。

 

ただ医療機関ほど強い薬剤は使えません。そのため単純にシミやそばかすを消す、ということに特化しているということではないので、カウンセリングを受けるなどして考えましょう。

最終手段は医療機関

どうしてもシミやそばかすを消したい!という場合は皮膚科や美容皮膚科、美容外科に行きましょう。

 

レーザー治療によって消すことは可能です。ただ完全に消えるまで半年ほどかかりますし、施術後は処方された薬を塗ること、紫外線を浴びないことなど注意点は多いです。

 

また保険適用外ですから費用も高くなります。医療機関でカウンセリングを受け、シミやそばかすの種類が分かってから、消すための化粧品を試すというのもありではないでしょうか。


あなたに合った化粧品の見極めとタイミング

現在、肌トラブル別に使うことができる化粧品は私たちの想像以上に出回っています。その中から何がよくて何が合わないのか、しっかり見極めることは大変です。

 

だからこそ、ランキングサイトや口コミサイトを参考に、あなたに合ったシミ、そばかすを消す化粧品を選んでみてください。1〜3ヵ月で肌に反応が見られなければ次のステップとしてエステや医療機関の受診を考えてみるといいでしょう。


 
HOME 体験談 販売店