シミウス

紫外線が及ぼす人体への影響とは

紫外線は人体に多大な影響を及ぼす、例えばシミやそばかす、皮膚がんなどがよく知られていますが、それだけでしょうか?

 

なぜUVケアが必要なのか、体にどのように作用するのか、メリットはないのか。あらゆる視点から一度見てみませんか。


日焼けが起こる

まずチェックしたいのが日焼けです。紫外線を浴びると日焼けする、ということは誰もがご存知のことでしょう。それが言った人体にどのような影響を及ぼすのかその答えは老化です。

 

肌老化と言うと多くの方が

 

  • シミ、肝斑
  • たるみ
  • しわ、ほうれい線
  • 毛穴の開き

 

などを思い浮かべるでしょう。これらはすべてUVが原因と言えます。肌に太陽光が浴びるとUV-A波は真皮層の奥まで届きます。するとコラーゲン繊維を破壊し、エラスチンを破壊、肌の保湿を奪います。

 

結果、肌は乾燥し、様々な影響を及ぼすのです。人体全部ということではないでしょうが、紫外線が肌老化にかかわっているということは、こうした情報からも十分わかるでしょう。

 

日焼け自体を起こすのはUV-Bです。通常肌は日焼けをしても、ターンオーバーによって作られたメラニン色素は排出されます。

 

しかし肌が乾燥するとターンオーバーはくるってしまいます。するとメラニン色素がいつまでも残りシミとなるのです。

 

肌が乾燥すれば水分を失った砂漠のようになる、シワやたるみができ毛穴が開く、これらすべてがUVによるものなのです。

皮膚がんが起こる危険性

それからもう一つ懸念されているのが皮膚がんです。がんが起こる理由は細胞組織の変質です。がん細胞ができるからがんができるということですが、その理由はいろいろなことが挙げられています。

 

しかし最近分かってきたのは、紫外線を浴びると人体には活性酸素が発生するということです。活性酸素の影響は細胞のさび付き、劣化です。細胞が変質すると老化現象が進みますが、DNAが傷つけられればガン化します。

 

これが皮膚で起こると皮膚がんになるということです。皮膚がんでも転移や再発の可能性が少ないタイプ、転移の可能性があるタイプと分かれますが、紫外線はどちらも起こす危険性があります。

 

そのため人体への影響は多大で、ケアをすることが大切なのです。

疲労物質の蓄積

更に人体への影響を挙げるなら、疲労があるでしょう。紫外線を浴びると活性酸素が発生しますが、疲労物質の蓄積につながると言われています。

 

疲労物質は筋肉だけではなく脳の疲労、眼精疲労なども引き起こします。さらに活性酸素は視力低下などを引き起こすとも言われていますので、紫外線対策をしないということは危険なのです。

 

このように人体への影響を考えればUVケアや対策をしないことがどれだけ危険なことか分かるでしょう。

 

体の中では常に細胞の生まれ変わりが行われています。しかし年齢とともに衰えてくるというのは少なくとも毎日のように浴びるUVが関係しているのです。

 

少しでも紫外線による人体への影響を減らしたいなら、対策をしっかり取ること、保湿すること、そして抗酸化物質を取ることです。

 

抗酸化物質は活性酸素を除去するのに役立つ成分ですから、日々の食生活に取り入れていきたいものです。老化や病気などが心配という方は今からでもUV対策を取ってみませんか。

 


 
HOME 体験談 販売店