シミウス

紫外線で起こる炎症、日光皮膚炎とは

日焼けをした経験を持つ人は多いでしょう。むしろ日焼けしたことがないという人の方が少ないかもしれませんね。日焼けは紫外線で起こるものですが、中には肌が赤くなってひりひりする、という方もいませんか?

 

実はこれ肌が炎症を起こしているんです。日光皮膚炎という病気で、重症化することもある大変な病気なんですよ。ではどうすれば日光皮膚炎を防ぐことができるのか、原因や対処法なども合わせて見てみましょう。


紫外線によって起こる皮膚の炎症

紫外線が原因で起こる日光皮膚炎は日光に当たることで肌が日焼けし、それに伴う皮膚の炎症になります。夏場に特に多く見られる症状で、肌表面だけではなく真皮と言う肌の奥まで症状が及ぶことで起こります。

 

特徴としては肌が赤くなる、ひりひりするということがあります。

 

ただ症状が重症化すると

 

  • やけど
  • 水ぶくれ
  • むくみ
  • 頭痛
  • 寒気や発熱
  • 吐き気や食欲不振

 

のような身体的症状も見られるようになります。さらに悪化すると意識低下や血圧低下と言ったように、命にかかわる症状を招くこともあるのです。

日光皮膚炎対策を万全に

では一体どうすれば紫外線による皮膚の炎症を和らげたり、重症化を防ぐことができるのでしょうか。

 

冷やす

皮膚が延焼しているということは、紫外線の害が真皮で相当及んでいるということです。もし肌がひりひりしてくるようならすぐに冷たいタオル、氷嚢で冷やしてください。広範囲に症状が見られる、強いという場合は早めに皮膚科を受診してください。

 

水分補給

肌が焼けているということは水分が奪われているということです。ですから体の中からも水分補給をするようにしましょう。肌が焼け付いている状態なので、保湿ローションなどを塗ると刺激となって痛むことがあります。

 

病院へ行く

紫外線による皮膚炎があまりにもひどい、冷やしても良くならない場合は受診してください。休日の場合でも当番病院などないかチェックしてみてください。最近は日曜祝日でも受信できる病院が増えています。

 

病院ではステロイド剤、非ステロイド炎症薬により治療をします。よりひどい場合は内服治療もあるでしょう。最悪入院による治療が必要な病気です。

日光皮膚炎を予防しよう

日光皮膚炎は予防が大切です。つまり紫外線を避けることで、皮膚の炎症を防ぐことができると言ことです。

 

そのためには

 

  • 紫外線が強い時間帯に外に出ない
  • 衣類に長袖や長ズボンを選ぶ
  • 日焼け止めクリームなどでUVカットをする

 

と言ったように肌の炎症を防ぎましょう。

 

また肌の内部ではメラニン色素が作られています。メラニン色素は肌を保護するために存在します。ですから作られるのは当たり前のことですが、肌のターンオーバーが乱れるとシミの原因になります。

 

シミを作りたくないという方は美白化粧品を使ってメラニン色素の発生を抑えるなど、対処していくようにしましょう。なお日焼け止めクリームなどでもメラニン色素の生成を抑えることができますので、外出前のケアと帰宅後のケアを忘れずに行ってください。

 

紫外線による肌への影響は想像以上です。炎症が広範囲にわたる場合は病院での入院治療も必要になります。やけど状態になると痕が残るなど、後々大変なことになりかねませんので、肌の弱い方は特に十分なケアを心がけてください。

 


 
HOME 体験談 販売店