シミウス

紫外線が原因の《光老化》とは?メカニズムと予防法を紹介♪

女性にとって加齢と共に気になるお肌の衰え・・・。女性の多くは加齢によるものと考えがちですが、実は紫外線による《光老化》が原因の約80%を占めていることをご存じですか?

 

ここでは意外と知られていない《光老化》についてメカニズムや予防法をご紹介します。


まずは『紫外線』の基礎知識を確認!

『紫外線』とは太陽光の中で波長が短い光線のことです。また目に見える可視光線の中で最も波長が短い光線が紫色をしており、その紫色の外側の光線であることから名付けられています。

 

さらに波長の長さによって『UVA』『UVB』『UVC』の3つに分類されています。UVAの波長が最も長く、最も短いUVCが地上に到達せず、一般的に紫外線といえばUVAとUVBのことをいいます。

 

近年では一年中UVケアを行う女性が増えていますが、これはUVケアを怠ることで肌に様々な悪影響を与えてしまうからです。

 

 

●UVケアを怠ると・・・


UVケアを怠るとシミやシワの原因となるほか、皮膚がんや白内障などを引き起こす場合があります。また肌に直接UVを浴び続けることによって活性酸素が作り出されてしまいます。

 

 

●活性酸素が与える悪影響とは?


活性酸素が体内で生成されると体の細胞が酸化し、体や肌が衰えてしまいます。特にUVを浴びると肌表面に活性酸素が生成され、肌にダメージを直接与えてしまうことによってシミやシワ、たるみなどを引き起こしてしまいます。

紫外線が原因となる《光老化》とは?

年齢と共に気になるシミやシワ、たるみといったお肌の衰えは加齢が原因と思われがちですが、実際は約80%が紫外線による《光老化》です。

 

紫外線は基本的にUVAとUVBの2つがありますが、どちらも《光老化》の原因となり、様々な肌の衰えを引き起こします。

 

 

●UVAが引き起こす肌の衰えとは?


UVAはヒアルロン酸やコラーゲンなどを生成する肌細胞にダメージを与えてシワを引き起こすほか、メラニン生成を促してシミを引き起こします。

 

●UVBが引き起こす肌の衰えとは?


UVBはUVAよりもパワーが強く、皮膚がんを引き起こすほかシミや色素沈着を引き起こします。

 

 

このようにUVA・UVBともに肌の老化の原因となりますが、シミやシワ、たるみなど加齢が原因と思われがちな肌の衰えはUVAによって引き起こされます。

 

またUVAは肌の深層である真皮層まで到達するためハリや弾力の衰えも引き起こします。このUVA・UVBがもたらす肌の衰えを防ぐためには日頃からUVケアを徹底することが重要であることから近年一年中UVケアを行う女性が増えているのですね。

《光老化》を予防するには?

UVケアを怠ると紫外線によるダメージが肌に蓄積され、“実年齢”よりも“見た目年齢”が上回ってしまいます。こうした《光老化》を防ぐには日頃から2つのケアを徹底することが重要です。

 

 

徹底したUVケア

外出時は帽子や日傘、サングラスを使用しましょう。また車を運転する方は片側だけUVを浴びやすいため日よけやウォームカバーなどを使用しましょう。さらに室内でもUVケアを行いましょう。窓にUVカットフィルムを貼ったり、遮光カーテンを使用することで紫外線をカットできます。

 

肌ダメージケア

紫外線は晴れの日も曇りの日も一年中降り注いでおり、毎日しっかりダメージが蓄積されています。そこでスキンケアなどで肌ダメージを回復させるほか、食事などでビタミンCなどを積極的に摂取しましょう。

 

ダメージケアを毎日継続することでダメージを受けにくい健康な肌作りにも繋がります。

 

 

いかがでしたか?

 

シミやシワ、たるみなどのエイジングトラブルは加齢が原因と思われがちですが、実際はほとんどが紫外線によって引き起こされる《光老化》です。

 

“見た目年齢”をアップさせる肌の衰えを防ぐためにもぜひ今回ご紹介した内容を参考にしながらUVケアに取り組んでみて下さいね。


 
HOME 体験談 販売店