シミウス

肌のターンオーバーを狂わせる紫外線の肌への影響

紫外線を浴びると肌のターンオーバーに大きな影響を与えます。これは肌の乾燥や老化につながることですが、両者に一体どのような関係があるのでしょうか。また防ぐためにはどうすればいいのか合わせて見てみましょう。


ターンオーバーは老化予防に大切なキーワード

そもそも肌のターンオーバーとはなんでしょうか。人の体が細胞からできているように、肌も細胞からできています。そして細胞は絶えず分裂を繰り返しています。

 

肌も当然細胞分裂を繰り返すことで古い細胞は剥がれ落ち、新しい細胞が表面に出てくる仕組みです。

 

細胞が新しいということは内臓や器官、肌も活発だということです。肌は28日周期で生まれ変わり、紫外線によって生まれたメラニン色素も同時に排出されていくのです。

紫外線を浴びすぎた肌にご用心

ところが大量の紫外線は肌の老化を進めます。これは肌のコラーゲン繊維を壊し、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった基盤となる材料を作る繊維芽細胞にも大きなダメージを与えてしまうためです。

 

そうすると肌のターンオーバーはうまくいかなくなります。肌の生まれ変わりが上手くいかない理由はいろいろありますが、年齢や外部刺激、ストレス、そして紫外線も大きな理由です。

 

ターンオーバーが上手くいかなければ古い角質はいつまでも残り、シミやたるみ、シワなどの原因となってしまうのです。

バリア機能も壊す紫外線

さらに紫外線は肌のバリア機能であるセラミドも破壊します。細胞間脂質と呼ばれるバリア機能の半数を占めるセラミドが不足すると、外部刺激に弱くなってしまいます。

 

するとターンオーバーも狂いますし、肌荒れやニキビ、乾燥と言った肌の症状も見られるようになります。この状態が長く続くと肌は敏感になりますし、アトピー性皮膚炎を発症することもあるのです。

 

ですからターンオーバーを正常に守るためにも、紫外線対策はしっかり行うことが大切です。

正しいケアで紫外線対策を

肌をUVから守るためには正しいケアを心がけましょう。まずお出かけ前には日焼け止めやUVカット化粧品を使いましょう。紫外線の侵入を防げば、肌の内部組織が壊れることはありません。

 

会社や学校から帰る前や海やプールから上がった後、運動後などこまめに塗ることも大切です。また屋内や曇りの日も忘れずに塗るようにしましょう。それからスキンケアをするときは過剰な摩擦を肌に与えないようにしましょう。

 

ゴシゴシこすって洗顔する、叩き込むように化粧水をつける、と言ったことは肌に刺激になります。たっぷりの泡で洗顔し、化粧水はハンドプレスで押し込みます。

 

シミウスなどのように1つで10役を担うようなオールインワンタイプの基礎化粧品を使うと摩擦が少ないので肌への影響を減らすことができます。

 

基本的なケアを守れば肌のターンオーバーが大幅に狂うことはありません。ただ年齢だけは誰も避けることができない要因なので、ピーリングやパックなどで対処するといいでしょう。

 

赤ちゃんの肌がすべすべなのは新陳代謝がいいからです。肌のターンオーバーが正常に行われているということですが、大人になればなるほど紫外線ダメージが溜まっており、肌も老化がどんどん進んでいきます

 

そんな事態を少しでも減らすために、UVケアや日焼け対策は怠らないようにしたいですね。ぜひ実践してみてください。


 
HOME 体験談 販売店