シミウス

シミの原因《メラニン》って何?気になるメカニズムを紹介!

紫外線を浴びることでポツポツと現れるシミ・・・。これは《メラニン》と呼ばれる細胞の働きが原因となって引き起こされることをご存じですか?

 

ここでは紫外線予防をするうえで知っておきたいシミ発生のメカニズムについてご紹介します。


そもそも《メラニン》て何?

シミの原因となる《メラニン》とは色素細胞の一種で、私たち人間の体を守るために重要な働きをします。

 

どんな働きをするの?

人間の肌はUVAやUVBなどの紫外線を浴びると肌表面や真皮層にダメージを受け、シミやシワ、たるみなどの他にも皮膚がんを引き起こすリスクを高めます。こういったリスクを少しでも下げるためにUVを浴びると体内で生成され、肌表面にバリアを作ります

 

基本的には排出される

《メラニン》はUVから肌を守る重要な役割がありますが、基本的に体内で生成されても肌のターンオーバーによって体外へと排出されます。肌機能やターンオーバーのサイクルが正常であれば保護機能も正常に作用し、紫外線によるシミやシワ、たるみを予防できます。

 

 

シミ予防において《メラニン》は悪者にされがちですが、紫外線によるダメージから肌を守るためには必要不可欠な存在です。ではなぜシミの原因となってしまうのでしょうか?

どうしてシミの原因になるの?

《メラニン》は紫外線ダメージから肌を守る重要な作用を担っており、肌機能やサイクルが正常の場合にはシミの原因にはなりません。しかしいくつかの要素を満たした場合にシミの原因となってしまう場合があります。

 

紫外線を過剰に浴びた場合

UVを浴びることで生成される《メラニン》はUVを過剰に浴びると生成量もアップします。基本的に肌のターンオーバーによって体外へと排出されますが、過剰に生成されると肌のターンオーバーでは全てを排出しきれなくなります。

 

排出し切れなかった分は肌表面に蓄積され、シミとして現れてしまうのです。

 

加齢による肌サイクルの衰え

UVを過剰に浴びなくても肌のターンオーバーが正常に機能しない場合、体外へと排出しきれずシミとなって現れる場合があります。基本的に肌のターンオーバーなどのサイクルは加齢によって乱れやすくなります。

 

そのため年齢にあったエイジングケアを行う必要があります。

シミの原因は紫外線や加齢だけじゃない!?

シミは紫外線を過剰に浴びた場合や、加齢による肌サイクルの衰えによって現れますが、それ以外にもいくつかの原因が挙げられます。

 

活性酸素

体の細胞が刺激やダメージを受けると体内で活性酸素が生成されます。活性酸素は酸化作用が強く、細胞を老化させる原因となります。そのため活性酸素を体内から排除するために《メラノサイト刺激ホルモン》が分泌されます。

 

この《メラノサイト刺激ホルモン》によって《メラニン》が生成され、シミの原因となります。活性酸素が体内で生成される要因には、ストレスや飲酒。喫煙、食生活の乱れ、睡眠不足など生活習慣が大きく関係しています。

 

 

肌の炎症

ニキビなどの炎症が肌に発生すると炎症ダメージを修復するために肌細胞が活性化します。その際に《メラニン》も生成されてしまうためシミの原因になってしまう場合があります。

 

炎症を引き起こす要因には、ニキビや虫刺され、かぶれ、湿疹、化粧品による肌トラブル、女性ホルモンの乱れなどが挙げられます。

 

 

いかがでしたか?

 

紫外線や加齢だけが原因と思われがちなシミですが、実際には生活習慣や肌トラブルなど様々な要因があり、そのどれもが《メラニン》と大きく関係しています。

 

今回紹介したシミの原因を知っているだけで生活習慣などを見直す切欠になりますよね。ぜひシミ予防ケアを徹底したい場合には紹介した内容を参考にしてみて下さいね。

 

 

 


 
HOME 体験談 販売店