シミウス

曇りの日も要注意!紫外線対策を忘れずに

夏に向けて強くなる紫外線、対策は行っていますか?皆さんの中には

 

「晴れの日さえ日焼け止めをしておけばいい」

 

「日焼け対策って夏の暑い晴れた日だけでいいんでしょ?」

 

と思っている方もいるかもしれません。実は曇りの日ほど重要なUV対策について見てみましょう。


晴れの日と曇りの日の紫外線量

普段、私たちの身の回りに降り注ぐ紫外線の量はどのくらいなのでしょうか。

 

例えば晴れの日の紫外線量を100%とすると、

 

  • うす曇り・・・80〜90%
  • 曇り・・・60%
  • 雨・・・30%

 

となります。

 

つまりどんな天気の時でもUV対策は必要ということですね。

曇りの日はなぜ紫外線量が多いのか

しかも気を付けなければならないのは、雲がある分余計に散乱することです。これはどういうことかというと、晴れの日は邪魔するものがないので紫外線は直接地上に降り注ぎます。

 

一方曇りの日は雲が入り込みます。雲が反射板となりますので、まるで鏡に光を当てたときに屈折するように地上にも散乱した状態で届くのです。地面からの反射もありますので、360度対策をしなければならないのです。

地域により変わる紫外線量

もちろん地域により浴びるUVの量は変わります。札幌に比べれば那覇の方が計測値は高く、冬に比べれば夏の方が計測量は多くなります。

 

実際に計測したグラフから見ると、札幌は冬のUV量がほぼ0なのに対し、那覇は札幌の春のUV量に近い数値を示しているのです。同じ曇りの日でも地域によって紫外線量は大きく変わるということも認識して対策をして行くといいでしょう。


うす曇りの日ほどケアが大切

更に注意したいのは100%を超える日です。天気予報を見ていた時に、うす曇り、日差しがあるという予報を聞いたことがありませんか?実は晴れているけれど雲が少しあるという日、紫外線量は100%以上になることがあります。

 

晴れの日で100%ですから、それ以上にケアが必要ということになります。これもやはり散乱光が原因ですが、直接肌に当たるよりも散乱して当たる方が危険だということですね。

UVAにご用心

また紫外線のうちUVAは雲を通り抜けます。UVAは真皮層に影響をもたらします。真皮がUVAによって壊れると、コラーゲンなどが破壊されるため肌のターンオーバーも上手くいきません。

 

すると古い角質がどんどん溜まり、新しい細胞が表面に出てきづらくなるのです。肌からハリは失われシミの原因にもなります。シワやたるみができやすく、一気に老化が進むでしょう。

 

曇りの日はこうしたことからも、UV対策が求められるのです。

日焼け止めと美白ケア

では曇りの日の紫外線対策について見てみましょう。・家の中で過ごすことが多いSPF10、PA+程度の低い日焼け止めで十分です。家の中でも日焼けはしますので、最低限の対策をしましょう。

 

通勤や通学、買い物程度の外出

SPF20〜30、PA++の日焼け止めがおすすめです。移動する距離が長い、時間が日中という場合は高めの数値を選びましょう。また通勤、通学の方は帰宅前にも塗ってください。

 

アクティビティに動く

テニスやジョギングなどの運動をする方、水泳などで水に触れる方、営業など外で過ごす時間が多い方などはSPF50、PA+++以上のものを選びましょう。日中も外にいるという場合はよりこまめに日焼け止めを塗り直してください。

 

 

紫外線から肌を守るためには曇りの日の日焼け止めも大切ですが、シミ対策化粧品で美白ケアもしてみてください。


 
HOME 体験談 販売店