シミウス

室外&室内で徹底UVケア!おススメの紫外線予防法をご紹介♪

『紫外線』といえば日焼けの原因・・・と思っている方はいませんか?実はUVAやUVBなどの紫外線は日焼けだけでなくシミやシワ、たるみを引き起こします原因にもなります!

 

ここではUVケアを怠ると肌にどんな悪影響が出るのか、また室外と室内でのおススメ予防方法をご紹介します。


紫外線予防を怠るとどんなダメージがあるの?

紫外線にはUVAとUVBがあり、それぞれ肌に与えるダメージが異なります。

 

●UVAが与えるダメージとは


UVAは一年中降り注いでおり、波長が長いことから肌の真皮層まで到達し、活性酸素を生成してシミやたるみの原因となります。

 

●UVBが与えるダメージとは


春から夏にかけて浴びる量が増えるUVBは肌表面に強いダメージを与えて日焼けを引き起こし、シミやソバカスの原因となります。

 

UVAとUVBはどちらもお肌にとっては悪影響しかなく、UVケアを怠るとどんどん肌が劣化していきます。一般的にシミやシワ、たるみなどのエイジングトラブルは加齢が原因と思われがちですが、実際の原因の約80%はUVを浴びることによる『光老化』となっています。

 

UVを浴びることで肌ダメージが蓄積されると活性酸素が生成されることで肌細胞が劣化します。するとシワやシミ、たるみを引き起こして実年齢よりも“見た目年齢”をアップさせる原因となってしまいます。

 

こうしたエイジングトラブルを予防するためにも日頃からUVケアを徹底する必要があるんですね。

室外でのUVケアに!おススメの紫外線予防法は?

UVを浴びることによるエイジングトラブルを防ぐために基本的な室外でのおススメ予防方法をご紹介します。

 

 

日焼け止めをしっかり塗る

日焼け止めはUVダメージから肌を守るために効果的なアイテムです。紫外線は一年中降り注いでいるので、できれば日焼け止めも一年中使用しましょう。ただし季節や目的に合わせて商品を選びましょう。

 

秋冬ではSPFやPA値の低いものでも十分ですが、春夏ではSPFやPA値の高いものへと移行しましょう。また日焼け止めの効果を持続させるためにはこまめに塗り直すことも重要なポイントです。

 

外出時は日傘&帽子を使用する

日傘や帽子は直射日光を遮ってくれるUVアイテムで、近年ではUVカット率99%の商品も販売されています。ただし日傘のUVカット率は年月の経過と共に衰えるので3年ほどで買い換えるようにしましょう。また帽子はできるだけつば広タイプを使用しましょう。

 

サングラスを使用する

紫外線は意外と多くの量が目からも入ってくるのでUV加工されたサングラスを使用しましょう。

 

UVカット衣類を使用する

UVカット加工が施されたカーディガンやストールは日焼け止めを塗り忘れた時などに効果的です。普段から薄手のものを1枚持っておくと便利です。

 

 

これらの予防法はどれも基本的なものですが、敏感肌などで日焼け止めを使いたくないという場合には日傘や帽子と共にUVカット衣類で対処しましょう。

室内でも油断大敵!おススメの紫外線予防法は?

UVケアはは外出する時だけすれば大丈夫・・・こうお考えの方も少なくありませんが、実は室内にいるときも多量の紫外線が届いているためしっかり予防するようにしましょう。ここでは室内でできる予防法をご紹介します。

 

室内でも日焼け止めを使用する

室内にいてもUVはガラス窓を透過するため、できるだけ日焼け止めを使用するようにしましょう。

 

窓にUVカットフィルムを貼る

窓から入ってくるUVをカットするのに効果的なのがUVカットフィルムです。カット率99%のものを貼ると安心ですね。

 

UVカットカーテンを使用する

UVカットカーテンもレースから厚布タイプまであり、レースタイプなら室内が暗くならずにUVをカットすることができるのでおススメです。

 

遮光カーテンを使用する

室内が暗くなるというデメリットがありますが、UVカットカーテンよりも遮光率が高いため紫外線の透過を確実に防ぐことができます。

 

 

いかがでしたか?紫外線は室外や室内に限らず一年中降り注いでいるため毎日しっかりUVケアをすることがシミやシワ、たるみなどエイジングトラブルの予防に繋がります。ぜひ今回紹介した内容を参考にしながら自分に合った紫外線予防法をお試し下さいね。

 

 

 


 
HOME 体験談 販売店