シミウス

世の中の紫外線対策最新事情をチェックしよう

夏は絶対焼きたくない!そんな方は最新事情にも敏感なはず。そこで今どきの紫外線対策はどのようになっているのか一度チェックしてみませんか。


春先から始めたい紫外線対策

紫外線対策はもはや夏だけのものではありません。春先からUVケアを始めていきましょう。1年を通してのUV量を見てみると、夏はものすごい量となっていますが、春先、秋の終わりころまで強いUVが降り注いでいることが分かります。

 

南の方へ行けば行くほど、冬でも北国の夏と同量のUVが降り注いでいます。ですから南国の方は冬でも紫外線対策が必要です。春から日焼け止めを使って対策することで、シミなどの肌老化を抑えることができるでしょう。

屋内や曇りの日の紫外線に注意

紫外線が降り注ぐのは晴れた日、屋外だけではありません。曇りの日でも晴れの日の60%は降り注いでいます。

 

うす曇りであれば50〜80%にもなるというのです。さらに雨雲でも20〜30%と言われていますから、決して油断はできません。

 

屋外も同様です。UV-Aという波長の長いタイプはガラスを突き抜けて屋外へ入り込みます。ですから屋内にいると気でも対策は必要です。朝起きたときに日焼け止めを塗り、こまめに塗り直すようにしてみてください。

正しい日焼け止めの選び方

紫外線対策を日焼け止めでするという方も多いでしょう。その場合、日焼け止めを正しく選ぶことが大切です。

 

  • 家にいることが多い人SPF10〜20程度、PA+程度がお勧め!
  • 通勤、通学、買い物で外に出る人SPF25〜30程度、PA++程度がお勧め!
  • アウトドア、スポーツ、長時間外にいる人SPF40以上、PA+++以上がお勧め!

 

SPFというのはどれだけ日焼け時間を伸ばすかの目安です。例えば日焼けが20分で始まる人がSPF10の日焼け止めを使うと20×10で200分まで日焼け開始を伸ばすことができます。

 

PAはUV-A波をブロックする力です。数値が大きければ大きいほど効果は高いですが、数値がおきければ大きいほど肌に負担もかかります。

 

また日焼け止めは汗や水に弱いので、こまめに塗り直すことが大切です。塗るときは気持ち多めに、むらなく均一に塗りましょう。

第3の紫外線ブルーライト

紫外線対策最新事情としてブルーライトというキーワードがあります。パソコンやスマホから発せられるライトのことで、波長が最も短い可視光線になります。

 

ブルーライトは紫外線の次に強く、眼へのダメージが強いと言われています。しかも肌の奥に入り込み、色素沈着を起こすことも分かっています。ブルーライト消滅アプリ、保護フィルムを使うなどして対策を取りましょう。

 

なお最近は花粉やPM2.5も肌への影響が大きいと言われていますので、シミを作りたくない方はあらゆる刺激から肌を守ることが大切です。

 

最近では飲む日焼け止めも販売されており、日焼け止めが塗ることができない目や頭皮、手が届かない背中などの保護も行うことができます。UVカット化粧品を組み合わせるなど、日焼け対策をして肌を守ってみませんか。

美白有効成分に注目

それからもう一つ注目されているのが美白有効成分です。現在様々な美白有効成分が登場し、何がいいのか分からないという人も増えています。ビタミンCはコラーゲンの生成を助けてくれますし、プラセンタは細胞を活性化する力も持っています。

 

シミに効果的と言われるハイドロキノンや自然界に存在するアルブチンやコウジ酸、またカモミラETなどがありますので、色々組み合わせて使用してみてください。紫外線対策をしてきれいな肌を手に入れませんか。

 


 
HOME 体験談 販売店