シミウス

肝斑ってどんな症状?美白ケアで治せるの?

肝斑とは、頬骨に沿って左右対称に出来るシミのことを指します。素人目には、普通のシミと判別のつきにくい肝斑ですが、シミのように薄くしたり、予防したりすることは可能なのでしょうか?

そもそも肝斑ってなに?

肝斑が出来るメカニズムは、普通のシミと少し違います。シミは、紫外線などのダメージより生成されたメラニンが、体外に排出されず肌に定着することで生まれます。そのため、UVケアや美白ケアをしていればある程度、シミを防ぐことができます。

 

しかし、肝斑はいくらスキンケアをしても出来てしまうことがあるんです。ほとんどの場合、30代から40代にかけて発生し、ピルを飲んでいる女性や、妊娠・出産を経験した女性に多く見られます。

 

また、生活サイクルが不規則だったり、睡眠不足や疲労によりストレスが溜まりやすい生活を送っていたりすると、年齢に関係なく発症しやすくなります。

 

 

逆に、閉経後の女性は薄くなる傾向があるため、女性ホルモンの減少や、ホルモンバランスの乱れが関わっていると考えられています。

 

はっきりした原因はまだ解明されていないため、ただのシミと決めつけて自己流のケアをしてしまうと、どんどん悪化してしまう場合もあります。

肝斑はどうやってケアしたらいいの?

肝斑は出来る原因も、ケアの方法も普通のシミとは違いますが、適切な処置を施せば、予防したり薄くしたりできます。まず「これって肝斑?」と疑うような症状があれば、皮膚科に行って医師の診断を受けましょう。

 

治療方法は、内服薬と外用薬を合わせたケアが一般的です。レーザーによる治療を導入している皮膚科や美容クリニックもありますが、レーザーの種類によっては逆に悪化させてしまう場合もあります。焦らず医師の診断に従い、適切なケアを行いましょう。

 

また、ドラッグストアや薬局でも肝斑の薬が市販されています。発症した直後や、目立たない程度の濃さであれば、病院にかからず市販薬を使う方もいます。ただし、飲み薬による治療は、基本的に数カ月〜半年ほどの時間を要します。

 

結果的には市販の薬を購入するよりも病院の処方薬を使った方が安い、という場合も十分に考えられます。再発する場合も多いので、薄くなっても油断せず、じっくり継続して治療に取り組みましょう。

肝斑を予防するために気を付けたいポイント

一度肝斑が出来てしまうと、取り除くには長い時間がかかります。でも、加齢やホルモンが原因なら、予防も出来ないんじゃないの?そう思う方もいるかもしれませんねしかし、日常生活で行える予防策もあるんです。

 

UV対策はしっかりと

紫外線は肝斑が出来る直接の原因ではありません。しかし、悪化したり再発したりする要因になるので、全く無関係ではないんです。日頃から意識して紫外線対策を行いましょう。

 

ストレスを溜めないよう心がける

過度なストレスを受けると、ホルモンバランスが乱れ、肝斑が出来やすくなってしまいます。ストレスの影響で、20代くらいの若いうちでも表れることがあるんです。良質な睡眠を摂るよう心がけるなど、ストレスを貯め込まない工夫をしましょう。

 

肌への刺激はNG!

紫外線だけでなく、マッサージや洗顔など肌を摩擦する行為も、肌にダメージを与えます。マッサージやスクラブなど、肌を傷つけるリスクのあるケアは避け、基礎化粧品やメイク用品にも気を使いましょう。


 
HOME 体験談 販売店