シミウス

シミの出来やすさは遺伝で決まるって本当!?

どんなにケアを頑張っていてもシミが出来てしまう人もいれば、全く出来ない人もいます。たとえば自分の親がシミの出来やすい体質だったら、自分にも出来るのだろうか・・・と不安になりますよね。果たして肌質は遺伝するのでしょうか?


シミは遺伝する!?シミが出来やすい人と出来にくい人の違い

シミの出来やすさは、肌の色や回復力に大きく左右されます。肌質は遺伝するものなので、シミの出来やすさと遺伝は全く関係ないわけではありません。

 

しかし、シミが出来にくい親から生まれたからといって、子供も同じ体質であるとは限りません。もともと色白で、日に焼けても黒くならず赤くなるという人は、色素沈着しやすい傾向にあります。

 

色白の人は肌に含まれるメラニンの量が少なく、紫外線を浴びた際にメラニンをうまく処理できないため、色素が定着しやすいと言われています。

 

逆に色黒な人は、生まれつきメラニン色素の量が多いため、紫外線によるダメージを受けにくく、年をとっても色素沈着が起きにくいんです。

 

ただし、生まれつきの肌質に関わらず、女性は加齢やホルモンバランスの影響で色素沈着を起こしやすい傾向にあります。そのため、一年を通しての紫外線ケアは欠かせません。

 

また、紫外線だけでなく花粉やハウスダスト、摩擦などの物理的な刺激も、色素沈着の原因となります。

遺伝によるシミは消せないの?

遺伝で肌質が決まっているのであれば、いくら美白ケアをしても無駄かも・・・と、諦めることはありません。きちんとUVケアをして、生活習慣に気を配れば、たとえ遺伝的にシミが出来やすい肌質でも、改善が可能です。

 

紫外線は1年を通して降り注いでいるため、日射しの強い夏の時期だけケアをしていればいいという訳ではありません。外出する際は必ず日焼け止めを塗り、日射しが強いと感じたら、日傘や帽子で紫外線をシャットアウトしてください。

 

また、紫外線を浴びた後のケアも重要です。日頃から美白化粧品を使い、メラニンが出来る前にしっかりと予防しましょう。さらに、出来てしまったシミも、メラニンを体外に排出することにより薄くなる可能性があります。

 

新陳代謝が正常に行われている状態なら、蓄積されたメラニンがターンオーバーと共に肌の表面へ押し出され、古い角質と共に排出されます。

 

新陳代謝は睡眠中にもっとも活発に行われるので、毎日十分な睡眠時間を確保し、質の良い睡眠を摂るよう心がけてください。

シミが少なくても要注意!シミを悪化させる生活習慣

たとえ遺伝的にシミが出来にくい体質だったとしても、生活習慣次第で悪化してしまうおそれがあります。まず、睡眠不足や運動不足、偏った食生活や過度なストレスは、肌の新陳代謝を鈍らせ、メラニンを貯め込みやすい肌にしてしまいます。

 

また、血行の悪い状態が長く続くと、冷え症や生理不順だけでなく、シミやくすみなどの肌トラブルを起こしやすくなります。さらに、加工食品を食べる機会が多かったり、砂糖やカフェインが入った食べ物をよく食べたりする方も、注意が必要です。

 

食品に含まれる添加物や白砂糖、カフェインは色素沈着を悪化させる作用があります。喫煙や過度の飲酒も、体内の活性酸素を増やし肌の老化を早めてしまいます。

 

逆に、こうした生活習慣を避け、健康的な生活を送れば、シミの無い若々しい肌を保てます。効果的な美白ケアを行うには、化粧品やサプリに頼るだけでなく、生活習慣に気を配るのも重要なポイントなんです。


 
HOME 体験談 販売店