シミウス

シミっていつから出来るの?年代別おすすめ美白ケア

シミって、日焼けをしたからといってすぐに出来るものではなく、気が付いたらいつからか出来ていますよね。子供の頃や10代の頃は、いくら日焼けしても問題なかったのに、一体いつからシミが出来るようになってしまうのでしょうか?


シミが出来るのはいつから?いつケアを始めればいいの?

シミは、紫外線や外部の刺激によるダメージが少しずつ肌に蓄積され、数年後もしくは数十年後に肌の表面にあらわれます。一般的にシミが目立ち始めるのは30代から40代にかけてですが、それよりも早い段階で、既に肌の奥には将来出来るシミ予備軍がたくさん潜んでいるんです。

 

そのため、美白対策はいつから始めても早すぎるということはありません。早ければ早いほど良いと言われています。出来れば10代のうちから、日焼け止めクリームなどを使って、しっかりと紫外線対策を行うのが理想的です。

 

ただし、うっかり日焼けをしてしまっても、新陳代謝が活発な10代や20代のうちはダメージの回復が早く、メラニンも蓄積されずに体外へ排出されます。

 

しかし、年齢と共に新陳代謝が衰えてくると、メラニンがうまく排出されすに肌に溜め込まれ、色素が定着してしまいます。しかも、一度定着してしまった色素を完全に取り除くには、時間もお金もかかってしまいます。

 

予防に徹することが、もっとも効果的な美白ケアなんです。

出来る前に予防!20〜30代のシミ対策

まだシミの出来ていない20代や30代のうちに美白ケアと言われても、あまりピンと来ない方も多いかも知れませんね。

 

しかし、肌の奥には確実に、将来出来るシミ予備軍が潜んでいて、いつから表れるかわかりません。早いうちにケアしておけば、未然に防ぐことができます

 

 

紫外線対策は、一年のうちいつからいつまですればいいというものではありません。一年中ケアする必要があります。日焼け止めクリームや日傘、帽子などを活用して、紫外線を防いでください。

 

ただし、完全に紫外線をシャットアウトするのは難しく、一見日焼けをしていなくても、肌はダメージを負っている可能性があります。

 

紫外線によるダメージを回復するには、美白効果のある化粧品を使うのも効果的ですが、睡眠をしっかり摂ることで、弱った肌を大幅に回復できます。

 

睡眠不足は肌の老化を早め、シミだけでなく小じわやタルミなどさまざまな肌トラブルを招いてしまいます。肌をいつまでも若く保つためにも、まずは基本的な生活習慣を見直しましょう。

出来てしまったシミを薄くする!40代以降のシミ対策

40代を過ぎると、予防するだけでなく出来てしまったシミを薄くするためのケアも欠かせません。そこで重要となるのが、肌の内側と外側から同時にケアすることです。

 

日焼け止めや美白化粧品を使えば、メラニンの生成をある程度防いだり、色素沈着を薄くすることは可能ですが、それだけでは十分とは言えません。日頃の食事から、ビタミンやタンパク質など美白に効く栄養素を摂取するよう心がけましょう。

 

仕事や家事に忙しく、栄養バランスに配慮する余裕がない・・・という方は、サプリの力を借りるのも効果的です。また、過度なストレスや疲労、睡眠不足は肌トラブルの原因となり、シミを悪化させてしまいます。

 

特に、年齢を重ね新陳代謝の衰えた肌は、一度受けてしまったダメージを回復させるにも時間がかかります。美白ケアはいつから始めても早すぎることはありませんが、同時にいつから始めても遅すぎるという事もありません。

 

なるべく肌にダメージを与えないよう気を配りつつ、同時に新陳代謝を高める栄養素や化粧品を取り入れ、肌の若返りに取り組みましょう。


 
HOME 体験談 販売店