シミウス

産後にシミができやすいって本当!?真実を探る

出産は多くの方にとって喜びに満ち溢れることです。ママにとっては育児に奮闘するそんな日々が始まりますが、ふと鏡を見るとシミができていた!そんなママも少なくありません。

 

なぜ産後は肌トラブルが起こりやすいのか、その原因と対策を探ってみましょう。


ホルモンバランスの乱れがシミを生む

産後シミができやすいという方はホルモンバランスが崩れている可能性があります。妊娠中、女性の体は赤ちゃんを守り、妊娠状態を維持するために普段より多く女性ホルモンが分泌されています。

 

非妊娠時はエストロゲンとプロゲステロン2つのホルモンが交互に分泌されますが、妊娠中は常にどちらのホルモンも分泌されるのです。

 

出産を終えると妊娠を維持する必要はありませんから、エストロゲン、プロゲステロンの分泌量が一気に減ります。するとホルモンバランスの乱れから産後はシミができやすくなってしまうのです。

主に起こる産後のシミ

主な肌トラブルの素因を見てみるとまずバリア機能の低下が挙げられます。肌は外部刺激を受けても大丈夫なようにコラーゲン、エラスチンなどを維持、活性酸素の働きを抑えるためのエストロゲンが分泌されています。

 

美肌ホルモンとも呼ばれるエストロゲンですが、産後急激に減るため肌のバリア機能は低下、外部刺激に弱くなって炎症し、シミにつながるというのです。

 

さらに妊娠維持のために分泌されるプロゲステロン、これはメラノサイトの活性化ホルモンとも言われています。プロゲステロンは胎児の成長や子宮の収縮を抑えるなど大切な妊娠維持ホルモンです。

 

ところがメラニンを作り出すメラノサイトが活発になるため、色素沈着を起こしやすい肌になっています。そして産後メラノサイトの活性化により新たなシミができたり、濃くなったりするのです。

正しいシミ対策をしよう

ではどうすれば産後のシミを防ぐことができるのでしょうか。

 

UVカットしよう

日焼け止めやUVカット化粧品を使用し、紫外線から肌を守りましょう。特に春から秋にかけては丁寧なケアが必要です。もちろん冬や曇りの日、屋内でも紫外線は降り注いでいますので忘れずにケアをしてください。

 

日焼け止め以外にも帽子や衣類などで産後のシミ対策をしましょう。

 

美白ケア

妊娠中から出産を終えた後まで、肌は敏感になっています。ですから肌に優しい美白化粧品を使いましょう。美白有効成分としては甘草エキス、カモミラETなどがおすすめです。

 

食事にビタミンを

ビタミンCはメラニン色素の沈着を防ぎ、ビタミンAは新陳代謝を促します。若返りビタミンのビタミンEも積極的に取るといいでしょう。食事からビタミン類を取るということは体の中からケアをすることになります。

 

サプリメントではいけないのか、という声もありますが、妊娠中から授乳期間中はママが取ったものが赤ちゃんへ行きます。化学化合物などの添加物がどれだけ赤ちゃんへ害を及ぼすか分かりませんから控えた方がいいでしょう。

 

どうしてもサプリメントを取りたいという方は無添加のものを選ぶ、医師に相談するなどして安全なタイプを選んでみてください。

 

 

産後のシミが増える原因は女性ホルモンですが、自分でコントロールできるわけではありません。だからこそ、正しいケアと対策が必要になり、綺麗な肌を維持することにつながるのです。


 
HOME 体験談 販売店