シミウス

ターンオーバーが正常なら色素沈着は起こらない?

シミはどうしてできてしまうのか、若い子は全くできないのに!そう思っている方はターンオーバーについて学んでみてください。肌の生まれ変わり周期を意味するこの言葉について見てみましょう。


ターンオーバーとシミの関係

人の肌紫外線を浴びるとメラニン色素が生まれます。これは肌の正常な防御反応ですから全く持って問題ありません。メラニン色素は徐々に肌表面へ押し上げられやがて日焼けという状態になります。

 

通常このまま色素沈着するとシミになりますが、肌のターンオーバーが正常なら細胞が剥がれ落ちるときに一緒に剥がれ落ちていきます。

 

肌のターンオーバーは通常28日周期であり、若い人ほど周期は正常です。しかし年齢や乾燥肌など様々な要因が重なると細胞の生まれ変わり周期は30日、40日と延びていきます。

 

するとメラニン色素が肌にいつまでも残るためシミとなってしまうのです。

保湿をすれば肌トラブル防止につながる

このことから肌にシミを作らないためには細胞の生まれ変わり周期を正常にするということが大切と言えます。そのための対策の一つが保湿です。肌にハリがあり、潤いに満ち溢れているのはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸のバランスが正常だからです。

 

保湿されていない肌はバランスが崩れ、コラーゲン繊維の破壊やヒアルロン酸の減少、エラスチンのもろさなどへつながっていってしまいます。

 

洗顔後はすぐに保湿化粧水を使う、化粧水後は美容液、乳液、クリームを使うこうした基本のスキンケアが保湿につながりターンオーバーを正常な状態へ導くでしょう。

乾燥はあらゆる肌トラブルの原因です

肌のターンオーバーを正常にする方法2つ目は乾燥を防ぐことです。肌が乾燥するとカサカサになり、シミだけではなくシワやたるみ、ニキビや毛穴トラブルなどが起こります。

 

肌の乾燥を防ぐためにはバリア機能を整えましょう。肌はもともと外部刺激から自身を守るバリア機能をそなています。しかし乾燥した肌はバリア機能が低下し、外部刺激を受け入れやすくなっているのです。

 

そうするとアトピー性皮膚炎や敏感肌など治療に時間がかかる状態になってしまいます。セラミド配合の化粧品を使うなど、バリア機能の回復を測ってみてください。

ピーリングをしてみよう

ターンオーバーを正常化する3つ目の方法がピーリングと呼ばれる方法です。ピーリングは古い角質を強制的に排除し、シミの元を断つ方法です。いつまでも残っている古い角質がなくなれば新しい角質が表面に現れますから、肌はきれいな状態を保つことができます。

 

ピーリングと言うと医療機関やエステというイメージを抱く方もいるでしょう。ですが今は家庭でも簡単にできるピーリングがあります。ピーリングセッケンで洗顔をする、ピーリング化粧水をコットンにつけて使う、こうした方法で家庭でも簡単に対策できます。

 

あまりにターンオーバーが乱れている、シミが濃くて気になるという場合はエステサロンや医療機関を受けた方がいいでしょう。

 

ですがまだトラブルも少なく、自分で対処できる程度の軽症なら家庭で行うセルフケアで十分対処できるのです。処置後は保湿が必要ですが、ドラッグストアなどに売っていますので、一度チェックしてみてください。

 

1週間に1度使うだけのジェルやシート、洗顔石鹸などいろいろなタイプがありますよ。


 
HOME 体験談 販売店