シミウス

シミの原因となる紫外線・・・UVAとUVB、怖いのはどっち?

女性にとって白く透明な美肌は憧れですよね。1年中白い肌をキープするために日焼け止めを塗るなど紫外線対策を欠かさない方も少なくありません。

 

シミの原因にもなる紫外線にはUVAとUVBの2種類がありますが、どちらがより危険かご存じですか?

 

ここではUVAやUVBのそれぞれの特徴や悪影響について、人気美白ジェル《シミウス》を使ったおススメの簡単手軽なシミ対策方と共にご紹介します。

 

→《シミウス》で今すぐ紫外線対策を始める


紫外線は2種類!UVAとUVBはどう違うの?

シミの原因となる紫外線にはUVAとUVBの2種類があります。ここではそれぞれの特徴を比較してみましょう。

 

 

UVAとは?
  • UVBよりも波長が長い
  • 肌の真皮層まで到達する
  • 晴れの日も曇りの日も地上まで到達している
  • 窓ガラスを透過するため室内にいても浴びてしまう
  • シミやたるみの原因となる

 

 

UVBとは?
  • UVAよりも波長が短い
  • 肌表面に直接ダメージを与え日焼けの原因となる
  • 春先から夏にかけて浴びる量が増える
  • シミやそばかすの原因となる

 

このようにそれぞれの特徴を比べてみると違いがよく分りますね。特にUVAを浴びると体内で活性酸素が生成され、酸化ダメージを防ぐためにメラニンが生成されます。

 

メラニンの生成量が増えることによって徐々にシミができてしまいます。一方UVBを浴びると紫外線を浴びなくてもメラニンを生成するメラノサイトを刺激してしまいメラニンが生成されてシミの原因となってしまいます。

紫外線が肌にもたらす悪影響とは?

UVAやUVBなどの紫外線を浴びることは肌に悪影響しか与えません。UVAのように肌の真皮層まで到達する紫外線は真皮層に張り巡らされた網目状のコラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。

 

表皮を支えるコラーゲンやエラスチンが破壊されるとシワの原因となるほか、たるみの原因にもなります。UVBのように肌表面を直接刺激する紫外線はシミの原因となるメラニンを生成するメラノサイトを刺激する他にも乾燥肌の原因となります。

 

肌が乾燥するとシワやシミ、たるみの原因になります。このようにUVAやUVBは肌に悪影響しか与えないため、1年中紫外線ケアをすることが若々しく健やかな肌を保つうえで重要なポイントとなっています。

毎日のスキンケアで紫外線対策を!

紫外線によるシミを予防するためには、日焼け止めの使用や帽子・日傘などでUVケアをすることが効果的です。さらに肌に潤いを与え、シミの原因となるメラニン生成を根本的に抑制することでシミの改善や予防に繋がります。

 

《シミウス》は簡単手軽にUVケア対策ができる大人気オールインワン美白ジェルです。《シミウス》は数多くの美容雑誌で紹介され、各種美容系ランク3冠に輝く人気商品です。

 

《シミウス》には薬用美白成分が高濃度配合されており、メラニン生成に対し根本的にアプローチすることで高いシミ改善&予防効果を発揮します。

 

さらに贅沢配合された潤い成分が肌が本来持つハリや弾力を引き出し、若々しい透明美肌へと導きます。《シミウス》の高いケア効果は口コミでも話題となり、満足度N0.1を獲得しリピート率も93%を誇っています。

 

《シミウス》の公式サイトではリピート率93%を誇る驚異の実力をまずは気軽に体験して頂けるように【実質0円】のお試しコースを提供中です。UVケアでお悩みの方はこの機会にぜひ一度、《シミウス》の実力をご体験下さい。

 

 

《シミウス》のお試しコースが今だけ20%OFF!嬉しい送料無料+豪華特典付きでお届け♪

 

 

→シミウスを試してみたい方はこちらから

 

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

 

 

 

_


 
HOME 体験談 販売店