シミウス

体の中から美白ケア!美白に効果的な栄養素って?

シミの予防や改善のためにはUVケアやスキンケアだけでなく食事によるケアも重要なポイントです。美白に効果的な栄養素をとることにより、シミを未然に防いだり、シミが出来にくい肌を作ることが可能です。


シミ対策に効果的な栄養素

シミ対策のためには、具体的にどのような栄養を意識して摂ればよいのでしょうか?代表的な栄養素と期待できる効果を紹介します。

 

ビタミンC

美白効果のある代表的な栄養素です。美白化粧品にも、ビタミンCを含む化粧品が多くありますよね。メラニンの生成を防いだり、出来てしまったシミを薄くしたりする作用があります。

 

ビタミンE

ターンオーバーを促進し、メラニンの排出をサポートします。

 

ビタミンA

メラニンの沈着を妨げ、シミを予防する効果が期待できます。ビタミンC、ビタミンEと共に摂取することで優れた抗酸化作用を発揮し、肌の老化を防ぎます。

 

ビタミンB群

ビタミンBは1種類だけでなく、B1やB2、ナイアシン、ビオチン、葉酸など複数の栄養素を指します。新陳代謝を促し、紫外線やストレスによる肌ダメージを修復する効果が期待できます。

 

タンパク質

肌細胞の栄養源となるコラーゲンを生成しターンオーバーを正常化する作用があります。

 

ポリフェノール

強力な抗酸化作用を持ち、シミや小じわなど老化による肌トラブルを防ぎます。

シミ対策にオススメの食材

美白効果のある栄養素を効果的に取り入れるには、どのような食材を選べば良いのでしょうか?特にシミ対策にオススメの食材を紹介します。

 

レモンやグレープフルーツなどの柑橘類

ビタミンCを豊富に含む代表的な食材です。ただし、柑橘類にはソラニンという紫外線を吸収しやすくする成分も含まれています。なるべく夜に食べるようにしましょう。

 

アーモンドやくるみなどのナッツ類

ビタミンEを豊富に含む食材です。ビタミンだけでなくポリフェノールや食物繊維など、美肌作用のあるさまざまな栄養素を含んでいます。

 

ニンジン

ニンジンに含まれるβカロチンは、体内に取り込まれるとビタミンAに変化する性質があります。βカロチンそのものにも、強い抗酸化作用があります。

 

トマト

ビタミンCやビタミンEなど、美肌に効果的な栄養素が豊富に含まれています。また、トマトに含まれるリコピンも、優れた抗酸化作用を持つ成分です。

 

かぼちゃ

ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、ポリフェノールなどの成分に加え、食物繊維も豊富に含まれています。

食事でシミ対策をする際の注意点

食べ物からシミ対策をするにあたり、美白に効く栄養を意識して摂取するのはもちろん大事なポイントです。しかし、やみくもに食べればいいというものでもありません。特にビタミンCは、体の中に一定量しか留めておけない栄養素で、過剰に摂取した分は体外へ排出されていまします。

 

また、一定の時間が経つと自然と排出されてしまうので、常に体内に留めておくのは難しい栄養素です。一度に大量に分けるよりも、一日のうち数回に分けて、こまめに摂取しましょう。

 

また、白砂糖は体内に活性酸素を発生させる原因となり、肌の老化を促進してしまいます。カフェインも色素沈着を悪化させる原因となる物質です。

 

このように、シミを悪化させる成分を取り込んでしまうと、せっかく美白に効く成分を摂っていても効果が半減してしまいます。食べ物で美白ケアをしながら、悪化させない工夫も同時に行うようにしましょう。


 
HOME 体験談 販売店